メニュー

令和2年7月 第26号

[2020.07.31]

かりや内科クリニック医院報「きずな」を更新しました。 

人類の歴史は、感染症との闘いでもあります。ペストやコレラを教訓として、天然痘を根絶しました。しかし、マラリアやエボラ出血熱、今回の新型コロナウイルスなど新たな感染症にも立ち向かってゆかねばなりません。
 他方感染症ばかりに気をとられ、虚血性心疾患や脳梗塞などの危険因子でもある生活習慣病、癌の早期発見治療をおろそかにしていると、個人の健康にじわじわ影響を及ぼしかねません。 
 これからも皆様に安心して来院頂ける受診環境を模索しながら、かかりつけの患者様の健康を守りたいと考えております。 

       ・・・・・《当院の取り組み》・・・・・

     ①37℃以上の発熱、咳痰などの呼吸症状のある方など体調不良の方

   の来院は事前にお電話頂き、定期通院の方と一緒にならない取

   り組み。
 ② スタッフのマスク着用・勤務前の体温・健康チェックの施行。
 ➂ 定期的な院内換気、ドアノブや手すり・椅子etcの消毒を頻回に

   施行。
 ④ 待合室の椅子を対面にならない様配置。         

       ※その他皆様に出来るだけ安心して受診して頂ける様、
             様々な取り組みを行っております。

                         院長 刈屋英隆 

下記の『きずな』をご覧ください。

R2.7月 第26号 表

R2.7月 第26号・裏


                       

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME